HiJoJo Partners
「投資を変える」

HiJoJo Partnersは、主に外資系金融機関の株式トレーディング、証券取引システム、コンプライアンス等の各分野のプロフェッショナル達が集結、閉塞感のある日本の金融界において新たなチャレンジを行います。

国内外の株式市場での先駆者としての実績に裏付けられた豊富な知識と経験、起業家及び投資家とのネットワークを活かし、ユニコーン企業として世界中で注目されている企業など、国内外のミドル・レイトステージにある非上場企業株式を投資対象とした市場へのアクセスを実現することを目指すことだけでなく、金融資本市場における新たなエコシステムの創設にチャンレンジします。

HiJoJo Partnersの
ミッション

  1. 国内外の「優良ベンチャー企業」を投資対象とした市場へのアクセス
  2. 国民経済の発展に資する「資産形成」を促進する仕組みの提供
  3. ベンチャー企業に資金提供できる資本市場として日本をアジアの「金融センター」へ

優良な非上場企業への投資

世界の資本市場の中心地である米国の株式市場では、近年においても傑出したグローバル企業を引き付けており、AmazonやApple、Google、Facebook、Alibaba等の存在感は世界の株式市場の中でも際立っています。このような誰もが知る上場企業への投資は証券取引所を通じて容易にできます。

一方で、非上場企業のままで成長を続け、会社の評価額も1兆円を大きく超えるUberやAirbnb 、SpaceXに代表されるようなユニコーン企業が最近では増加しています。

こういった状況が生まれた背景には、スタートアップ企業のステージに応じて、リスクマネーを投じ、育てる投資家層の厚さと、様々な種類の投資家に向けた幅広い投資機会の存在が大きく影響していると考えられます。米国では、非上場株式への投資が世界最大規模で投資家にとっての投資リターンが魅力的だからこそ、世界のイノベーションの中心地として、高い国際競争力と経済力を維持し続けられるのではないでしょうか。そして、経済発展が著しい中国でも、非上場会社の株式への投資が拡大しています。

その一方で、銀行貸出が中心の日本の金融界はリスクマネーの供給という点で大きく立ち遅れた状態です。

非上場株式投資の現状(グラフ)

HiJoJo Partnersでは、非上場株式投資への流れを活性化することで国民金融資産の増大に寄与するだけでなく、日本から産まれるスタートアップ企業が、イノベーションを発信し、国民経済の発展に資するムーブメントに寄り添える存在になりたいと考えています。

HiJoJo Partnersの目指す事業領域

ご参考:過去の世界的ベンチャー企業の事例