メンバー

スピリドン・メンザス(Founder / 代表取締役 CEO)

1995年、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券(現シティグループ証券)入社。プログラマーとしてキャリアをスタートした後、トレーダーとしてエクイティ部門のバイス・プレジデントに就任し、デスクヘッドとして活躍。退社後、07年コンサルタントとしてみずほ証券のアルゴリスム取引の導入を成功に導き、みずほ証券に入社。翌年にはエクイティ本部共同本部長、Deputy Global Head of Pan Asian Equitiesに就任。投資業務部異動後は、フィンテック分野に活躍の場を移し、世界100社以上のベンチャー企業、80社以上の機関投資家との間で、ベンチャーファンドのデューデリジェンスやバリューアップ、アレンジメント等を手掛けた。
2017年11月、HiJoJo Partners創業。
日本経済新聞、日経ヴェリタス、日経コンピュータ、朝日新聞など、メディア掲載・出演多数。
Bloomberg、日本FIX委員会トレーディングサミット、TradeTech Japan、日本国際金融システムフォーラム、アメリカ法曹協会などでの講演多数。
コロンビア大学 Engineering Management Systems(経営工学学科)卒

濱田 智彦(Co-Founder / 常務取締役 営業部長)

1991年、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券(現シティグループ証券)入社。エクイティ・デリバティブ・トレーディング部で株価指数裁定取引に従事。その後、バイスプレジデントとしてグローバル・プログラム・トレーディング部のシステム導入・営業活動を推進、富士証券(現みずほ証券)を経て、00年にCSファースト・ボストン証券(現クレディ・スイス証券)入社。グローバル・ポートフォリオ・トレーディンググループの日本の事業責任者としてトレーディングシステムの導入のほか、100社近くの国内外の機関投資家等とのビジネスの構築、さらにアルゴリズム取引やダークプール等の先進的なトレーディング手法を国内で初めて導入、いずれも成功に導く。11年からシンプレクスにおいてコンサルティング業務に従事。
2017年11月、HiJoJo Partners共同創業。
日本経済新聞、週刊東洋経済、NHK、ロイター、ブルームバーグなどで日本の株式市場構造についてのメディア掲載や出演多数。
中央大学法学部卒

杉浦 英和(Co-Founder / 取締役 システム部長兼コンサルティング部長)

1997年、富士通株式会社入社。外資系証券向けシステム営業を経て、システムエンジニアとして証券バックオフィスシステムパッケージの開発に従事。2003年、CLSA証券の日本事業立ち上げに伴うシステム責任者として入社し、株式トレーディングシステムの導入をリード。2005年、シンプレクス株式会社に入社。大手証券の株式トレーディングシステム構築、大阪証券取引所の大証FX取引所システム構築といった大規模案件をプロジェクト責任者として成功に導く。株式関連ソリューションの開発部門の執行役員に就任後、大手・準大手、オンライン証券向けトレーディングシステムやアルゴリズム取引システム等の最先端低レイテンシーソリューションを提供。2016年には国内初となるオンライン証券を含む証券会社間でのダークプールソリューションの企画・事業立上げを行う。
2018年6月、HiJoJo Partners共同創業者として参画。
青山学院大学国際政治経済学部卒

中山 英典(コンプライアンス部長)

1989年、岡三証券入社、ロンドン駐在を経てシュローダー証券会社に移籍しトレーディング業務に従事。その後、モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信、クレディ・スイス投信、フランクリン・テンプルトン・インベストメンツの各運用会社でトレーディング部長として活躍。12年、金融庁入庁後は、証券取引等監視委員会において、登録金融商品取引業者の運用関連業務、内部管理関連業務に係る検査業務に従事。
2017年、HiJoJo Partnersに参画。
佐賀大学経済学部卒

伊藤 崇(総務部長)

1996年、日立ソフトウェアエンジニアリングに入社し、SEとして海外システム部門に配属。97年より取引システム・金融システム系の業界に転職。2000年より、J.P. モルガン証券、BNPパリバ証券やメリルリンチ証券のシドニー支店や東京支店において、デリバティブ・プロダクトのIT部門やクライアント・ソリューション部門に所属し様々なトレーディングソリューションの導入を行う。
2018年、HiJoJo Partnersに参画。
オレゴン大学数学科卒

ジェフ・マクドナルド(投資助言部 ディレクター)

1997年、マーケットメイカーでキャリアをスタート、1999年から日本のバークレイズ証券のエクイティ・ファイナンス及びデルタワンのトレーダー、2004年からはみずほ証券にてヘッジファンド担当の日本株セールストレーディング業務に従事。2007年に野村証券に移籍、リーマン及びインスティネット統合後の日本株インターナショナル・セールストレーディング部門を統括する。2014年には再びみずほ証券にて日本株インターナショナル・セールストレーディング部門を統括する。
2018年、HiJoJo Partnersに参画。

山澤 光太郎(アドバイザー)

1980年、日本銀行入行。米国ペンシルバニア大学Wharton SchoolにてMBAを取得した後、人事局人事課長、函館支店長を歴任後、2006年より大阪証券取引所(現大阪取引所)執行役員就任。その後常務執行役員、取締役を歴任。2013年に日本取引所グループ常務執行役就任。その後専務執行役就任。2015年大阪取引所取締役副社長に就任、2017年に退任、現在は東京商品取引所取締役、イオンフィナンシャルサービス社外監査役に就任。
2018年、HiJoJo Partnersのアドバイザーに就任。
東京大学法学部卒

ステリオス・ムシス(アドバイザー)

1994年、ロンドン大学キングス・カレッジ卒業後(LLM)、欧州委員会にて弁護士として勤務。1998年、弁護士としてDDB-Hoche(ブリュッセル&パリ)に勤務後、1999年、仏に本拠を置く多国籍製造業Alstomにてマネージャー。2004年、アンダーソン・毛利・友常法律事務所(東京)においてSenior Foreign Counsel(外国法事務弁護士)として勤務する。2009年、British American Tobacco Japanの法務部長に就任。2012年、香港にてFinTechスタートアップXgemina(次世代の銀行間決済テクノロジー)とその子会社Tortuga Mobile(モバイル端末を使った資金決済)をエンジェル投資家から250万ドル調達し共同創業。2014年、アリババグループの東南アジアEコマース事業、Lazadaの取締役会メンバーであり法務部長。Ant FinancialのhelloPayについても兼任。
2018年、HiJoJo Partnersのアドバイザーに就任。

クリス・ナポリ(アドバイザー)

2005年、マイアミ大学卒業後、2007年、マイアミ大学ビジネススクールでFinanceのMBAを取得。Merrill Lynchで債券トレーダーとしてキャリアをスタート。その後、Diamondback Capitalでグローバル・エクイティ、為替、債券、先物、デリバティブを含む国際・クロスアセット取引を共同ヘッドとして統括。現在はニューヨークのヘッジファンドEastbay Asset Managementでグローバルトレーディングヘッドを務め、テクノロジー、メディア、コンシューマー向け製品・サービス、革新的ハイテク分野に10億ドル規模で投資を行っている。
2018年、HiJoJo Partnersのアドバイザーに就任。